上海高端極品美女 |消防統計 |平成16年に発生した主な林野火災 |【16年3月1日出火】

午前1時、弁天町の河岸市店で火事が発生しました。

火は青山方向から広がり、同時に吹いていた北西の風によって激しく燃え広がりました。

箱館奉行の羽太正養は即座に消防の指揮を取り、南部と津軽の両藩の力を結集して消火活動に取り組みました。

改寫後內容如下:然而,風勢,火勢四處蔓延,西邊弁天町主要街道兩旁,延伸到內澗町濱田屋兵四郎(位於末廣町23號,舊安田銀行函館支行附近)。

火勢燒到了山之上町(現在彌生町附近)一半街道,並燒毀了實行寺、稱名寺、玄寺建築物。

同時,火勢燒毀了御役坂下總門和門番、札、交代屋敷、官庫和板倉。

  (陽暦4月18日)午前零時,豊川町1丁目から出火して1,314戸を焼失した。

當時の箱館戸數の半ばにい被害であった。

 しかも,問屋,小宿のある弁天,大町の経済の中心部と,花街のある山の上町とを焼き払ったのであるから,その被害は甚であった。

大火の影響で、箱館奉行の羽太正養は、箱館で井戸屋を営んでいた「井戸屋吉兵衞」を、大火の2日後に奉行所に召集し、外の14人を消防隊に加えました。

以下是改寫後內容:

這個組織稱為「日月消防組」,箱館奉行監督公設消防組織「函館消防」起源。

天保15年1月21日、450戸の火災がありました。

また、慶応2年9月12日には、内澗町から火災が発生し、地蔵町上通り、大工町通り一帯と谷地の半分以上が焼失しました。

これらの情報は、当時の住民の日記を参考にしています。

(陽暦6月21日)この日は箱館戦爭の激戦のあった日で、徳川勢の脱走徒が午前11時頃弁天町台場見張所付の材木置場に放火した。

改寫後內容:
(陽暦6月21日)這一天發生了箱館戰爭戰鬥,德川軍逃兵上午11點左右弁天町台場見張附近木材場進行了放火。

當時因為風勢,火勢迅速蔓延,導致大黒町、神明町、鍛冶町、鰪澗町、仲町、山の上町、新地町各個城市遭受燒毀,共有872個住戶失去家園。

這場大火稱為「脫逃火災」。

從若松町7番地起火,造成225戶(其中199戶毀,26戶半毀)。

火元は家根屋四郎であったため,「家根屋火事」と稱した。

焼死者5名あり,焼死者には官祭祀料金15円が下賜された。

夜晚,发生了一场火灾,造成了寶來町(前身蓬萊町)224栋房屋中434户人家烧毁。

这场火灾中破坏19栋房屋,进行了消口潰家弁償法赔偿。

這是町會開拓使許可後實施一種方法,即通過破壞消防來避免災害,並風下縱3丁、橫1丁以內居民進行部分賠償,彌補他們因此而失去房屋一半損失。

午前2時15分ごろ、鰪澗町(現在の入舟町)1番地から火災が発生しました。

火は鰪澗町、山の上町の4丁目と5丁目の一部、鍛冶町、鰭横町、神明町、仲町、弁天町、西浜町、幸町、大町の3丁目と4丁目、仲浜町、富岡町、片町の13箇に広がり、合計で954戸が焼失しました。

午後8時半頃,從堀江町(現在末廣町)起火,連帶著堀江町、天神町、地藏町、船見町、船場町、駒止町、內澗町、台町、東濱町、山背泊町、仲濱町、元町、大町、會所町、富岡町、上大工町、松蔭町、下大工町、愛宕町、茶屋町、山之上町、仲新町、本新町、上新町、下新町、鍛冶町、芝居町、花谷町、梅枝町、常磐町、坂町、片町和神明橫町各個地方,總共有33個街區3,326戶居民失去了家園。

以下是改寫後內容:

許多地方受到了火災波及,包括政府機關、學校、寺廟和社團。

這場火災起因推測是縱火,火花風推動下飄散,引發了各個地方火災,變成不可控制大火。

この大火は、多くの災者がいただけでなく、市内の一部も焼失したため、函館はまるで消滅したかのようなな状況となりました。

また,両陛下より3,000円の御下賜金を賜り,また有棲川,北白川両宮家より500円を下賜され,その他集る義金は12,100餘円に達した。

延伸閱讀…

3−14 平成16年に発生した主な林野火災

上海高端極品美女(⓿_⓿)【微信838470692極品高端外圍上門 …

 午前4,恵比須町(現 末広町)9番地より出火し,東の風により恵比須町と末広町132戸を焼失した。

午後1時40分左右,西川町(現豊川町)馬車會社物置發生了火災,導致西川町的383戶和地蔵町99戶,總共482戶燒毀。

而早上3時15分左右,鶴岡町(現手町)29號起火,造成228戶燒毀。

  午前2時15分頃,西川町8番地より出火し,117戸を焼失した。

凌晨三點半時候,從弁天町冒出了一場火災。

風速達到每秒78米東風,火勢迅速蔓延,燒毀了大黒町、鍛冶町、旅籠町、天神町、駒止町、船見町、台町、鰪澗町和山背泊町地許多房屋,共計2,280戶燒毀。

午前9時40分頃、豊川町で「テコ婆火事」と呼ばれる大火が発生しました。

この火災は午後1時に鎮火するまで、汐止町、地蔵町、西川町、東川町の各町に延焼しました。

この出来事に対し、両陛下から御救済金2,200円が賜わりました。

この火災よる焼失戸數は2,494戸にのぼった。

このため,両陛下より2,800円の御下賜金を賜わった 東川町157番地より出火し,155戸(焼141戸,半焼14戸)を焼失した。

從若松町7番地起火,造成225戶(其中199戶毀,26戶半毀)。

延伸閱讀…

消防統計(火災統計)

令和5年(1月~3月)における火災の …

東川町217番地起火,造成108戶(其中102戶毀,6戶半毀)。

鶴岡町36號起火,燒毀了396個住戶(燒毀378個住戶,半焦18個住戶)。

 午後10時20分頃,東川町217番地石鹸製造より出火(洋燈転落の説あり),に強い東風と飛火により各に延焼したため,消防活動が思うようにならず,火勢は拡して,會所町,壽町,恵比須町,大町,大黒町,鰪澗町,鍛冶町,富岡町,旅籠町,天神町,駒止町,末広町,東浜町,船場町の14町全部を焼失,元町,曙町,汐見町,青柳町,春日町,蓬萊町,相生町,弁天町,船見町,台町,山背泊町,小舟町,豊川町,汐止町,地蔵町,西川町,寶町,東川町,仲浜町,仲町の20町の一部を焼失して翌26日午前9時25分ようやく鎮火した。

被害面積達到400,000坪,焼失戸数8,977戸(区役所调查12,390戸),死者人数8名,受伤者达到1,000人。

類焼した主たる建物には,函館支庁,英國領事館,露國領事館,連隊區司令部,海事局,函館郵便局,函館電話局,商船學校,商業學校,高等女學校,函館病院その他私立病院8,區立小學校5, 私立小學校6, 會社38,銀行8,神社3,寺院6,教會5,新聞社5,劇場4でその他商店,旅館,倉庫主なる建築物がり災した。

損害額超過了31,148,000日元,导致大多数市民失去了基本衣食住。

应对这一情况,设立了14个临时厨房。

9月2日にこの炊事場が閉鎖するまで救護をうけたものは戸數8,598,人口40,024名にのぼり,また避難は20箇で9月5日に閉鎖するまで32,428名の人が収容された。

この大火に対しては,両陛下から,り災者救済のため13,000円の御下賜金を賜わった。

また,北條侍従が現地の狀況を視察した。

その他,各地よりの義援金は70,098円にのぼり,米,味噌,衣類の寄贈も多數にのぼった。

  午前2時20分頃,上水道停水中に海岸町26番地から出火し,140戸を焼失, 3時50分鎮火した。

損害額30,000日元,原因是於燈籠摔落。

午後2時20分左右,音羽町(現在若松町)66號突然發生火災,於西風達到每秒1415米強風,火勢迅速蔓延,造成320棟建築物和733戶家庭燒毀。

直到下午4時10分,火勢撲滅。

這場火災造成損失金額225,840日圓。

相關文章